株式会社モルフォ

Interview vol.4

厳しさはあるが、とてもやりがいのある環境
Tough, but worthwhile

エンジニア(2014年入社) / Engineer(Joined in 2014)

入社前の前職や専攻
My jobs and focus before joining Morpho

経済学の勉強をする傍ら、興味本位で始めたプログラミングが面白く、プログラマーとしての道で働きたいと思うようになりました。他専攻の授業を受講したり、アプリ開発会社でアルバイトをしたり、プログラミングコンテストに参加したりしながら、スキルアップを図りました。修士論文では、SNS上の投稿を収集し、それらのデータと株価との関係性を調べていました。

Besides studying economics, I took up programming out of interest. I found it fascinating and became interested in pursuing a career as a programmer. I sought skill improvements by also taking courses in other majors, working part-time in an app development company and participating in programming contests. While writing my master’s thesis, I collected posts from SNS and researched the relationship between the data and stock prices.

モルフォへ入社を決めた理由
Reason for deciding to join Morpho

将来の進路について考えていた時、モルフォのインターンシップ募集の記事を見つけました。当時、私には画像処理の知識は全くなく、また自分の技術レベルがついていけるか躊躇する部分もありましたが、思い切ってインターンシップに応募しました。実際にインターンシップに参加してみて、まず先輩方の優秀さに圧倒されました。思い通りの処理結果が出ない時に的確にアドバイスを頂いたり、バグや無駄な処理などをつぶさに指摘していただきました。周りの方々についていけるか不安に思う部分もありましたが、それ以上にモルフォで働くことで自分を成長させたいと思い入社を決めました。

When I was thinking about what to do in the future, I found a Morpho article calling for interns. At that time, I had no knowledge of image processing and I was worried that I might not be able to catch up from a technical perspective. But I gathered my courage and applied for the internship. Upon commencing the internship, I was initially overwhelmed by the outstanding skills of our seniors. They gave me good advice when my processing results differed from what I had expected. They also pointed out every bug and unnecessary operation in processing. My wish to become a better individual by working at Morpho surpassed my fears about catching up with my colleagues, so I decided to join the company.

現在の仕事内容・やりがい
My current job and how I consider it to be worthwhile

最近、GPUに特化した製品を開発しました。CPUとGPUでは向いている処理が異なるので、既存製品のアルゴリズムを参考にしつつ、GPUに合わせたアルゴリズムを考えました。今回初めてOpenCLを使用した初の製品であり、試行錯誤しながらの開発となりました。GPUに関する経験はありませんでしたが、先輩方に直接指南して頂いたり、連絡会で情報共有したりすることで、一つ一つ課題を解決できました。携帯端末で複雑な画像処理を行う際は、処理時間が問題になります。その場合は、効率的なアルゴリズムを考えたり、処理を簡略化したり、データ構造を工夫したり、アクセラレータを使用したり等、様々なことを試します。複雑な処理を携帯端末で実現可能にしていくプロセスにやりがい、面白さを感じています。

Recently, I developed a GPU-specific product. CPU and GPU differ from each other in terms of the type of processing they are suitable for. I pursued an algorithm by adapting it to GPU and considering the algorithms of existing products. This is the first product that involves the use of OpenCL. It was developed through trial and error. Although I had little experience in GPU, I was able to solve the problems one by one by obtaining advice from my seniors and sharing information at meetings. The length of processing time poses a problem when using a portable terminal to perform complicated image processing. In addressing this problem, I tried multiple solutions such as efficient algorithms, the simplification of processing, greater ingenuity in data structure and the use of an accelerator. To me, the process of making complicated processing feasible with a portable terminal is interesting and worth trying.

将来のキャリアや夢
Future career path and dreams

入社前から、エンジニアとしてキャリアアップしていきたいと思っていました。また、研究開発の業務を通じて、新しい技術を生み出し、実装して、製品化する、ということに面白さを見いだすようになりました。最先端の技術を理解するには高度な数学の知識を必要とすることがあるため、理解できることは現時点では限られています。ですので、日頃から学ぶことを継続し、自分の理解の幅を広げていきたいと思っています。最終的には、学んだことを応用して多くの人を驚かせるようなものを作りたいと思っています。

From before I joined the company, I had aspired to pursue a career as an engineer. Through the task of research and development, I became interested in creating, implementing and commercializing new technologies. Understanding the most advanced technologies requires a high level of mathematical knowledge. In that regard, the scope of my understanding is limited at this point. I will therefore keep learning and expand the scope of my understanding. Finally, I will apply my learning to the creation of something that will amaze many people.

自分が一押しするモルフォ技術
My recommendation of Morpho technology

Photosolidは、モルフォを代表する手ブレ補正ソリューションです。一般的に手ブレを防ぐ方法としてシャッタースピードを上げて撮影する、というものがあります。ただし、単純にシャッタースピードを上げて撮影するだけだと、今度はノイズ量が増え、画質が低下してしまいます。Photosolidは、シャッタースピードを上げて撮影した複数枚の画像を入力とし、それらを合成することで手ブレを防ぎつつ、ノイズの少ない画像を作り出します。ノイズのひどい画像が、PhotoSolidできれいになったのを見たときは衝撃を受けました。

PhotoSolid is Morpho’s representative solution for image stabilization. A general approach to image stabilization is increasing the shutter speed. However, merely increasing the shutter speed results in more noise and poor image quality. PhotoSolid enters and synthesizes two or more images shot with an increased shutter speed to prevent blurring and minimize the noise in the images. I was shocked to see how PhotoSolid could make a noisy image clear.

学生・就職希望者へのメッセージ
Message to students and candidates who wish to work with us

モルフォは画像処理のエンジンを開発している会社です。製品の価値の尺度は様々ですが、基本的には処理結果が良いほど良い製品です。また、携帯端末というリソースの限られた環境で使用されるので、処理時間や消費メモリといった点も重要視されます。携帯で動いて、なおかつクオリティが高いものを調整しながら作っていきます。時間をかけて開発しても他社と比較して、性能が劣れば当然採用されませんので、まさに技術力が勝負の世界です。厳しさはありますが、技術力を高めたいと思う方、世界で使われる製品を開発したい方にとっては、とてもやりがいのある環境だと思います。

Morpho develops image processing engines. The measure of its product value varies widely. However, the better the processing result is, the better the product is. Morpho products are designed for use in a portable terminal, which entails limitations in terms of resources. For this reason, we also place importance on factors such as processing time and memory consumption. Through adjustments, we make products that work on a portable basis and also have high quality. Even if we take a lot of time to develop a product, it will not be commercialized unless it is superior to those of our competitors in terms of performance. Winning or losing depends on technological advantages. This is a very tough part of the job. If you want to improve your technological skills or develop products that can be used around the world, however, you will find this company to be worth dedicating yourself to.

同僚や先輩、上司の印象
Evaluation from colleague, senior or boss

経済学研究科金融システム専攻出身で、画像処理の知識が殆ど無い状態からのスタートでした。しかし理解が不十分なところを素直に質問できる性格で、インターンを経て着々と知識を吸収し、今では自分が主導して製品を作りあげるまでになりました。今後も、持ち前の想像力を発揮し一層の活躍が期待されます。

This individual was in a department for studying economics, and his major was financial systems. Accordingly, he had to start from almost a complete lack of knowledge regarding image processing. Personally, he finds it easy to ask honest questions about aspects he does not fully understand. Through the internship, he consistently absorbed knowledge and learned to lead the process of product development. Hopefully he will keep maximizing his inherent imagination and expand the realm of his activity.

閉じる / Close

このページのトップへ