株式会社モルフォ

[プレスリリース]

2013 年 5 月 10 日

株式会社モルフォ

モルフォの広角パノラマ画像合成技術「Morpho Panorama」など 5 製品がLG のスマートフォン「Optimus G Pro」に搭載

【概要】

株式会社モルフォ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:平賀督基)の広角パノラマ画像合成技術「Morpho Panorama」、ハイダイナミックレンジ合成技術「Morpho HDR(※)」、ノイズ除去技術「Morpho Denoiser」、動画手ブレ補正技術「MovieSolid」、静止画手ブレ補正技術「PhotoSolid」が、グローバル携帯電話端末メーカーの LGElectronics, Inc.(本社:韓国ソウル、代表者:Bon Joon Koo 以下、LG)がグローバルに提供するスマートフォン「Optimus G Pro」に搭載されました。
※「HDR」は、High Dynamic Range の略称です。

【製品内容】

「Morpho Panorama」
カメラを上下左右と自由に、もしくはガイドに従って動かすだけで、臨場感あふれる広角で撮影したようなパノラマ写
真を合成することができます。通常、カメラを自由に動かして撮影した画像をそのまま合成すると、入力した画像間で被写体との距離が異なる場合があり、不自然なものとなることがあります。これに対して「Morpho Panorama」は被写体との距離を想定し、それに合わせた入力画像を合成することにより、より自然な広角パノラマ写真を実現しています。

「Morpho HDR」
通常撮影した画像の明る過ぎて白く飛んだ部分や、暗過ぎて黒つぶれた部分を露光時間の異なる複数の画像を合成することで、明るさを調整した最適な画像を生成する製品です。手持ちの撮影のズレを自動で調整するため、三脚などでカメラを固定して撮影する必要がありません。また、モルフォ独自の被写体ブレ補正により、撮影中に動いた被写体は輪郭が明瞭なブレのない画像に仕上げます。

「Morpho Denoiser」
シングルフレーム(1 枚の画像)からノイズを抽出・除去する技術で、参照する画素の範囲を広げることにより、効果的なノイズ除去を実現しながら高速に処理できます。また、色調・ディテールを極力保持しつつ、色成分と輝度成分を分けてノイズ除去を行うため、より綺麗な画像を残すことができます。

「MovieSolid」
独自の動き検出技術「SOFTGYRO」を利用した動画の手ブレ補正技術です。「前フレーム」と「現フレーム」から 手ブレ量を検出し、それを補正して現フレームを切出しリアルタイムに出力します。さらに、CMOS センサを使用したデバイスで動画を撮影したときに発生するCMOSセンサ特有の幾何学的な歪み(ローリングシャッター歪み)も補正することができます。

「PhotoSolid」
動き検出技術「SOFTGYRO」を利用した画像処理による手ブレ補正ソフトウェアです。撮影時の縦、横、前後、横の回転、上下方向、光軸まわりの回転といった 6 自由度(6 軸)に対応した手ブレ補正を行い、激しい動きや接写、望遠、夜景などの補正が困難な撮影条件下でも高精度な補正を実現します。さらに、動きのある被写体のブレにも対応しています。

*「SOFTGYRO」に関する技術は日本、米国、欧州、韓国で特許が成立しております。
*「PhotoSolid」に関する技術は日本、米国、欧州で特許が成立しております。
*「MovieSolid」に関する技術は日本、米国にて特許が成立しております。
*「PhotoSolid」「MovieSolid」「SOFTGYRO」は株式会社モルフォの登録商標です。
*「Morpho Panorama」「Morpho HDR」「Morpho Denoiser」は株式会社モルフォの商標です。
*「Optimus」は LG Electronics, Inc.の商標です。

【お問合せ先】

株式会社モルフォ 経営企画室: 電話 03-5805-3975 E-mail m-press@morphoinc.com

【株式会社モルフォ】

所 在 地:東京都文京区後楽 2 丁目 6 番 1 号 飯田橋ファーストタワー31 階
代 表 者:代表取締役社長 平賀 督基(まさき)、【博士(理学)】
設 立:2004 年 5 月 26 日
資 本 金:820,325 千円 (2013 年 4 月末日現在)
事業内容:画像処理技術の研究開発および製品開発ならびにライセンシング
U R L:http://www.morphoinc.com/

このページのトップへ