株式会社モルフォ

[プレスリリース]

2016 年 11 月 09 日

株式会社モルフォ

モルフォが『クラウドビデオプロセシングサービス(仮称)』を富士ソフトと共同出展
11月16日より幕張メッセにて開催のInter BEE 2016において展示

 株式会社モルフォ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平賀督基)は、富士ソフト株式会社(本社: 神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下智保)と『クラウドビデオプロセシングサービス(仮称)』をInter BEE 2016で参考出展いたします。

 『クラウドビデオプロセシングサービス』は、モルフォが強みとする映像処理技術を富士ソフトが構築するクラウドサービス上で提供する新しいサービスです。放送局、放送機器メーカー、コンテンツプロバイダ、ポストプロダクション、広告、監視カメラなどあらゆるデジタル映像コンテンツを取り扱う市場を対象としています。サービス開始は、2017年春を予定しています。

【『クラウドビデオプロセシングサービス』について】

 クラウドコンピューティングの豊富なリソースを活かして、肥大化する制作工数の大幅削減に貢献いたします。シンプルなインターフェースと高性能な映像処理を併せ持ったクラウド型サービスでのご提供により、高精細かつ高画質な映像処理を低コストでご利用いただけます。搭載予定の技術は、以下の8種類です。

- ファインアップスケール
- フレーム補間
- ビデオノイズリダクション
- ワイドダイナミックレンジ補正
- ブレ補正
- タイムラプス
- スローモーション
- インターレース/プログレッシブ変換

さらにXAVC™やXDCAM™、AVC-Intraなどの放送系ビデオコーデックを使った映像の入力対応を予定しています。

【Inter BEE 2016について】

◆出展ブース
7303(ホール7)
※アマゾン ウェブ サービス ジャパン様のブース内に富士ソフトと共同で出展いたします。

◆展示会情報
名  称:第52回 2016年国際放送機器展(略称:InterBEE 2016)
U R L:http://www.inter-bee.com/ja/
場  所:幕張メッセ
会  期:2016年11月16日(水)~18日(金) 
10:00~17:30 ※18日のみ17:00まで
主  催:JEITA 一般財団法人電子情報技術産業協会

【富士ソフトについて】

 富士ソフト株式会社は、1970年創立の独立系IT ソリューションベンダーです。さまざまな業務系システムの構築や通信インフラ、社会インフラ、機械制御などに関連する組込み系ソフトウェアの開発を行っています。近年では、これまで培ってきたクラウドコンピューティングやロボット、モバイルテクノロジーを融合させることにより、新たな価値あるモノづくりをご提案するとともに、さらにグローバル競争時代に向けて、より高付加価値なプロダクトやサービスにも注力。富士ソフトは、富士ソフトグループ1万人の技術者集団による高い「技術力」とその技術に裏付けされた「提案力」を価値あるサービスの源泉として、お客様に最適なサービスを提供します。
富士ソフトホームページ:http://www.fsi.co.jp/

【お問合せ先】

株式会社モルフォ ネットワークサービス事業部 営業担当
電話: 03-3288-3250
お問合せURL: http://www.morphoinc.com/contact/

*XAVC™、XDCAM™は、ソニー株式会社の商標です。
*AVC-Intraは、パナソニック株式会社の商標です。

このページのトップへ