株式会社モルフォ

Visual SLAM技術

Visual SLAM

製品概要

Visual SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)は、カメラで撮影された映像から環境の3次元情報とカメラの位置姿勢を同時に推定する技術です。本技術を利用することで、GPS信号の届かない状況でのロボットの自律走行などが実現可能となります。こちらの動画は、本技術を活用し、環境地図作製および自律走行を実現している様子です。
株式会社Qonceptにて研究開発されている本技術と弊社の画像処理技術を組込み合わせて、各事業分野への応用展開を推進しております。

応用事例
・無人搬送車(AGV)
・宇宙探査ロボット
・ドローン
・サービスロボット

■株式会社Qoncept(コンセプト)について
Qoncept社は、大阪大学発の研究開発型ベンチャー企業です。AR(拡張現実感)を中心に画像処理技術を研究レベルから実用レベルに高め、実社会に浸透させることを目的として、高い専門性と技術力を持ったメンバーが集まっています。Qonceptでは、ARのためのマーカレストラッキング、機械学習ベースのトラッキングやVisual SLAMによる自己位置同定などの独自の画像処理技術を保有し、放送、スポーツ、建築土木、ドローン、組み込み機器をはじめとした様々な分野に技術を提供しています。
Qoncept社ウェブサイト:http://qoncept.co.jp/
Qoncept社のVisual SLAM紹介ページ:http://qoncept.co.jp/ja/technology.html#slam

提供形態

「Visual SLAM」は、動作環境に合わせたアプリケーション開発用のライブラリファイルおよび技術ドキュメント等をご提供します。 詳しくは弊社担当までお問い合わせください。

このページのトップへ