株式会社モルフォ

[プレスリリース]

2016 年 12 月 09 日

株式会社モルフォ

モルフォがデンソーと次世代画像認識システム向け DNNのアルゴリズムを共同開発

【概要】

 株式会社モルフォ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平賀督基、以下モルフォ)と株式会社デンソー(本社: 愛知県刈谷市、取締役社長:有馬浩二、以下デンソー)が、共同で研究開発を進めてきたDeep Neural Network(DNN)による画像認識技術のアルゴリズムが、高度運転支援および自動運転技術の実現に向けた次世代の画像認識システムに応用されることとなりました。

 自動運転の実現に向けては、多様な障害物や標示、車両が走行するためのフリースペース、また危険が予想されるシーンの認識など、様々な状況の認識が必要となります。従来のパターン認識や機械学習では、認識が必要な対象物を人為的に特徴づけ、あらかじめ学習させる必要がありました。 これに対し、DNNを用いた画像認識は、自ら対象物の特徴を抽出し学習することができ、多様な対象物の認識、および検知精度の飛躍的な向上を実現します。

モルフォとデンソーは、昨年2015年12月11日の資本業務提携合意以来、DNNによる画像認識技術に関して、共同で研究開発を進めてきました。引き続き、デンソーとの共同研究開発を通じて、認識処理性能の向上実現に取り組んで参ります。

また、デンソーが開発を進める次世代技術である電子ミラーや周辺監視システムにおいても、モルフォがこれまで培ってきた画像処理技術を応用し視認性の向上に取り組んでいくことで、デンソーが目指す安心で安全なクルマ社会の実現に貢献致します。

[参考]

DNNを用いた画像認識のイメージ( 上:"入力画像" 下:"DNNを用いて対象物を判別した画像" )

【お問合せ先】

株式会社モルフォ 
お問合せURL: http://www.morphoinc.com/contact

このページのトップへ