このサイトは、お客様へのサービス向上などの用途でCookieを使用しております。
詳細はこちらをご参照ください。

News

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 2021年3月08日

モルフォAIソリューションズ、「Withコロナ展示会 in デジタル甲子園」に出展
~高度なイメージング×AI技術を紹介~

プレスリリース
2021年3月08日

概要

株式会社モルフォの子会社である株式会社モルフォAIソリューションズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:漆山 正幸、以下 モルフォAIS)は、阪急阪神ホールディングス株式会社など三社が共催するWithコロナ時代における様々な分野の最新テクノロジーがオンライン上で集結する「Withコロナ展示会 inデジタル甲子園」(会期:2021年3月10日(水)~12日(金))に出展します。

モルフォAISは最新のAIモデル活用事例と開発中の新サービスを一部公開予定です。
※先着20名アンケートモニター募集。
また、鉄道業界や交通業界向けに監視カメラで導入できるAI検出モデルを紹介します。

白杖検出技術:アイテック阪急阪神株式会社提供

展示製品について

展示テーマ:鉄道/交通業界向けAI技術
・鉄道事業者向けなどの混雑状況解析技術『Morpho Crowd Counting™』
駅構内外の設置カメラで混雑状況を判定し、駅員室などでモニタリングできる技術です。混雑状況のモニタリング業務のコスト削減や定量的な混雑状況の把握による誘導員の運用改善に利用できます。

・害獣向け検出モデル
鉄道線路や道路にクマ、シカ、サルなどの動物が侵入してしまった際に監視カメラで検出できるモデルです。
動物の侵入による交通機関の乱れや事故発生件数の減少に利用する技術です。

・視覚障害者向け検出モデル
駅構内やホーム、公共施設などで視覚障害者の方が安心・安全に移動できるよう、監視カメラで白杖や盲導犬、車いすなどを検出できるモデルです。係員の誘導業務をスムーズに運用するために、視覚障害者の方が入場したことにいち早く気づくことができる技術です。

・安全管理における人影検出システムの導入事例
人影検出システムの鉄道・交通業界での導入事例をご紹介します。
道路工事や鉄道工事現場に設置した監視カメラ映像をリアルタイムで解析、夜間や雨や雪などの様々な撮影環境に影響されず、危険エリアに人が近づくと自動でアラートを発報させることができます。その他、資材置き場の映像に応用することで、資材窃盗の発見など防犯用途にも活用できます。

Withコロナ展示会 in デジタル甲子園の概要

開催日:2021年3月10日(水)~12日(金)
共催:株式会社阪神コンテンツリンク、阪神電気鉄道株式会社、阪急阪神ホールディングス株式会社
形式:オンライン
ウェブサイト:http://www.cnt-inc.co.jp/D-koshien/

株式会社モルフォAIソリューションズ

所在地:東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館12F
代表者:代表取締役 漆山正幸
設立:2019年12月
事業内容:AIコンサルティング、システムインテグレーション、SW・HW販売など
ホームページ:https://www.morphoai.com

株式会社モルフォについて

 モルフォは「画像処理/AI(人工知能)」の研究開発型企業です。高度な画像処理技術を組み込みソフトウェアとして、国内外のスマートフォン、半導体メーカを中心にグローバルに展開しています。また、カメラで捉えた画像情報をエッジデバイスやクラウドで解析する、AIを駆使した画像認識技術を車載や産業IoT分野へ提供し、様々なイノベーションを先進のイメージング・テクノロジーで実現しています。

所在地:東京都千代田区西神田3丁目8番1号 千代田ファーストビル東館12階
代表者:代表取締役社長 平賀 督基(まさき)、【博士(理学)】
設立:2004年5月26日
資本金:1,779,056千円(2020年11月30日現在)
事業内容:画像処理およびAI(人工知能)技術の研究・製品開発。スマートフォン・半導体・車載・産業IoT向けソフトウェア事業をグローバルに展開。
ホームページ:https://www.morphoinc.com/
Facebook:https://www.facebook.com/morphoinc

お問合せ先

株式会社モルフォ 広報担当 宮崎、大野
TEL:080-8433-3415
お問い合わせフォーム:http://www.morphoinc.com/contact

*モルフォ、Morphoおよびモルフォロゴは株式会社モルフォの登録商標または商標です。

本プレスリリースのPDF版はこちら(618.83KB)