このサイトは、お客様へのサービス向上などの用途でCookieを使用しております。
詳細はこちらをご参照ください。

Technology

  1. HOME
  2. Technology
  3. 画像領域分割技術

画像領域分割技術

Morpho Deep Segmentation™

「Morpho Deep Segmentation™」は、セマンティックセグメンテーション用の汎用のAPIライブラリです。AI推論エンジン「SoftNeuro®」をベースに高速動作するとともに、セグメンテーションに必要な画像処理を使いやすくAPIにまとめたものです。

主な利用シーン

  • 外観検査
  • 自動運転・車載
  • 映像制作
  • 構造物劣化診断
  • ファクトリー・オートメーション
  • 医療用検査・診断支援
  • スマートフォン・タブレット
  • 船・電車・航空機
  • 自律走行車

主な機能・目的

  • 画像領域分割

ポイント

  • セグメンテーションに必要な前処理・後処理を統合
  • セグメンテーション結果の様々なビジュアライズをサポート
  • モルフォ提供のモデルだけでなく、お客様独自開発のモデルも利用可能
  • 様々なプラットフォームで動作可能

詳細

「Morpho Deep Segmentation」は、セマンティックセグメンテーションタスクを手軽に、且つ高速に実行できるAPIライブラリです。セグメンテーションタスクに共通する様々な前処理、後処理が統合されており、ユーザーはモデル開発やアプリケーション開発に専念できます。また、よく利用するビジュアライズ処理をAPIとして提供しており、モデル開発やアプリケーションのデバッグも加速することができます。
例えば、各カテゴリの2値画像を出力するだけでなく、各カテゴリの信頼度を入力画像に重畳したり、カテゴリごとに色分けされた画像を出力することも可能です。
モデルはKerasやTensorflowなどで開発したモデルを「SoftNeuro」形式に変換したものを利用します。モルフォが提供するモデルに加えて、お客様が独自に開発されたモデルも利用可能です。
また、x86_64系のWindowsやLinuxをはじめとして、ARM系LinuxやAndroidなど様々なプラットフォームで動作可能です。

 

なお、Morpho Deep Segmentationのほかに、Morpho Portrait BokehやMorpho Semantic Filteringのようにセグメンテーション技術を画像処理に応用した製品がございます。

AI製品相関図

提供形態

動作環境に合わせたアプリケーション開発用のライブラリファイルおよび技術ドキュメント等をご提供します。 詳しくはお問い合わせください。